ブラケットハンドリング車
Joined ATTA on 2021年7月
Rail Bracket
画像クレジット: JR西日本
概要
ブラケットハンドリング車は、鉄道電気工事用車両として設計され、ロボットアームを搭載。ロボットアームにより、重量物の運搬作業を一人で担える。また、3Dカメラにより、作業空間を認識し障害物を回避することが可能。
基本情報
仕様・機能
活用・販売状況
オリジナル名
ブラケットハンドリング車
製作者
西日本旅客鉄道株式会社
リリース日
2021年4月
生まれた地域
日本
できること
はこぶ,つかむ/ならべる
同系統のロボット
サイズ
L7100*W2200*H3800mm
重量
約14.0t
動力源
[化学エネルギー]
ネットワーク
[その他の無線]
動作環境
鉄道
その他の仕様
架線支持アームにより、容易に電線の仮支持が可能(人による高所での準備作業が不要)| 3Dカメラにより、作業空間を認識し障害物を回避することが可能 | 可動ブラケットを直接つかみ自動で運搬することが可能
販売状況
研究開発中
使われている地域
日本
産業分野
科学・技術・専門サービス | 災害/危険対応
価格
投資額: 約3億円(開発費含む)